2010年08月05日

憧れているタマゾウ

タマゾウDVDを何度も見ていると、気がついた

タマゾウはイイヤツ!!男のロマンがそこにあるな〜

鮎のメスを女の子つ呼び、自分をタマチャンと言う

その影響で、激流の流芯しか目に入らない・・自分

本日も仕事が速く終わり・・・(早くヤッツケテ)

午後2時過ぎに囮鮎を買い、近くの添川で鮎遊び・・

気温34度なら渓流魚はギブアップしている

秋に落ちる鮎はメマイしながらコケに食らいついている

・・のが私の結論でした・・このヘボでも狂った鮎なら・・・と・・

・・!!!しっかし釣れね〜なんだこの川ってゴボウ掘ったで!!

2010_0805091202-160001.JPG

・・が・・タマゾウポイントでマッチョ鮎ゲット!!!

ここからダブルマッチョでガンガン逝ったのでした
2010_0805091202-160002.JPG

22から23cmのマッチョを抜く??

前回の自分はなく抜き師??

たまったま・・全部抜けた・・・たまったまです。認めます。

この瞬間気分よくマッチョ鮎は全部囮鮎にすることとし

ポンさんの自宅の添川に船ごと浮かべてきました

明日かあさって、チャンスがあれば鮎に逝っちゃおっかな!

囮の心配は唯一つ・・・盗まれないように!!っす。



posted by きりたんぽの国の人 at 20:24| 秋田 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

ロックオン

前日の雨で濁りの残る桧木内を釣る

釣れそうなポイントを何度か移動し鮎を集める

2010_0730091202-160016.JPG
そして最後は激流でマッチョ鮎をゲット!!気分はタマゾウ!!

体高、体長共に申し分なく、抜けなかった自分が悲しい・・
2010_0730091202-160014.JPG
今では名犬ラッシーのように忠実に奴隷となった三平が取り込みをする
2010_0730091202-160006.JPG

その三平が主人に意見をするようになった

僕をイジッテそんなに面白いですか?と聞くのである。

フライロッドを持つとバブアーのショートを着て、ハンチングで決める

ビシット決めてイギリス貴族のペテン師姿。

ヘナヘナロッドで渓流を釣る。

鮎の腕前もなかなかのもので、よく釣る。

川ではよく働く奴隷なのだが、夜になると狼のようによく吼える

その証拠はここにある

2010_0730091202-160040.JPG
この夜は三人でマッチョ鮎で盛り上がっていた

疲れが過ぎた自分は早くに潰れてしまった

2010_0730091202-160037.JPG
そして残った2人は何をしたのだろうか・・

推測するにこの男が
2010_0730091202-160009.JPG
三平のケツを奪ったのだと思う

奴隷はキングの命令に逆らえず下半身を奪われてのであろう

三平はウンコをしてもケツを拭かないのをキングは知っていたのだろうか

22000ボルトの感電事故で焼け焦げたが、不幸なことに生き延びた奴隷

僕をイジルナと奴隷は言うが

こんな失態を暴露しないのは仲間に申し訳ない

自分にしてはスクープ記事なのであった。



posted by きりたんぽの国の人 at 14:56| 秋田 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

真瀬川で鮎でっせ

三平のお勧めで鮎でっせ

2010_0724091202-160003.JPG

こちらは気合十分で初の真瀬鮎でっせ

2010_0724091202-160002.JPG

なんでぇなんでぇ

たった一匹だっせ

増水して濁ったけどそれはないだろう

ヤマメの条件だったな〜

三平め・・嫌いになった・・・

水曜は田沢周辺でマッチョ鮎釣って気晴らししてきまっせ

その後は極秘ポイントでウフフフィッシングでっせ〜

posted by きりたんぽの国の人 at 09:00| 秋田 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

アブの季節となりました

やっと釣った早口の鮎

CATPHFT9.jpg

キングカズの桧木内の鮎

CAA2IKFY.jpg

サイズも数も違う

プチッときた・・・

posted by きりたんぽの国の人 at 02:10| 秋田 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

やらかした〜

早口で鮎を

朝から雨でずぶぬれで立ちこむ

そして泳がしたすぐ後、空襲でもあるかの如く

ものすごいサイレンが鳴り、身体が固まった

ゲゲゲの尿墓〜ダムの放水だ〜俺を殺す気か!!!

増水するので釣ってやるって頑張ったら、師匠様から強制退去命令

この気迫をどうとる

このあと希薄と変わるのだった



考えられない事であります

Rhoganは鮎釣りなんと、坊主様です

目の前には数百匹の鮎が泳いでいるのにね

朝8時から夕方4時まで鮎を泳がせていて・・・・ゼロ

殺した鮎は3匹

元気がなくなると鼻にオモリをつけ背張り

そして息が耐えるまで強制労働させるのです

たった一匹、仲間の鮎を引っ掛けてくれれば仕事は終わり解放されるのに

この囮は命をかけて仲間を守ったのでした

この瞬間、今年の鮎釣りは不安を抱えたままのスタートなのでした

師匠と兄様はしっかり15匹くらいゲットしてました

はい・・その鮎は私がゲットして帰りました

私の保険のような師匠様には感謝感謝

ではさっそく焼いていただきます
posted by きりたんぽの国の人 at 06:52| 秋田 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。